個人事業主 債務整理 相談

個人事業主が債務整理をするなら知っておきたいこと

個人事業主による借り入れの不良債権というのは非常に増えています。簡単に事業化出来る反面、うまくいかない事例というのはとても多いのです。

 

借金を返せずに自己破産を覚悟する人もいますし、大事な自宅を守るために個人再生を選びたいと考える人も多くいます。法人化していればまた考えも変わったりするかもしれません。

 

個人事業,債務整理

 

個人再生にすることで事業自体は継続することが可能ですが、継続的に収入を確保するための事業計画見直しなども必要になると思います。

 

となると個人事業主の債務整理を数多く経験している弁護士が絶対的に有利となります。過去の取引をした経験の中から、より最適な提案をしてくれるということです。

 

 

過去の事例から個人事業主の債務整理を考える

 

個人事業主としては債務整理をする際3通りのパターンが多いようです。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

どの方法がいいかというよりも、現在の借金額などを考えて、最適な債務整理方法を取ることが効果的です。

 

少しでもペナルティを軽くしたいならば借金額が少ないうちに任意整理を始めることがいいですし、事業を続けられる体力があるのならば個人再生を選ぶことがいいでしょう。

 

個人事業主は個人とは違い、自分の仕事へのプライドやパート・アルバイトまた取引先といった多くのつながりがあるものです。

 

その中で取捨選択という場面もあるかもしれませんが、そんな時に心強い弁護士のアドバイスがあればいいですよね。

 

個人再生の相談はこちらの弁護士紹介シミュレーター(完全無料)がおすすめです。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

街角法律相談所

 

 

債務整理をすることで身動きの取れない借金問題を解決出来ます

 

生活をする上で生活費が足りなくなることなどよくあるコトです。

 

その普通のことが続いてしまうと借金が膨らみそのうち返せなくなるということも特別なことではありません。

 

どうしようもない借金の山はひとりで考えても解決することはありません。すぐに債務整理について学んでみると実は簡単に債務整理で借金を小さくすることが出来ます。

 

デメリットはありますが、借金に追われる毎日のことを考えるととても小さいことだと分かります。まずは債務整理とはどういうものなのか、そのメリットとデメリットも合わせて興味を持ってみられてください。

 

債務整理,デメリット

 

借金問題を債務整理で解決する考え方

借金を作ることが出来る人というのは、元々信用のある人です。信用を保つためには借金を返済することです。

 

借金を返せないと思ったら、返せないことを伝えて最大限の努力をするだけです。それが債務整理です。

 

弁護士や司法書士は法律を扱う専門家です。借金を借りておきながら返せないという信頼喪失の中、国が作った救済制度を使うには専門家の力を使うべきなのです。

 

実際に債務整理を行う

実際に債務整理をするとなると何から始めればいいのか全く分からないと思います。それも当然ですが普通は関わることのない法律を扱うのは簡単ではありません。

 

費用を少しでも抑えたい気持ちも分かりますが、手続きを行うためには仕事を休む必要もありまた手続きに不備があると何度も通う必要があります。

 

そう考えると依頼してしまって自分は仕事に専念するというのも、一般的な考え方です。

 

まず最初にやることは専門家に相談をすることです。現在抱えている借金に関する情報を提供し、どんな整理方法が一番効果が高いのか、最終的にいくら必要となるのかといった話を聞いてみてから債務整理を行うことになります。

 

街角法律相談所